歌うキモチ『しらスタ』

YouTubeチャンネル『しらスタ』の公式HP

メニュー

【ミュート唱法】グルーブを生み出す 見えないリズムを捉える技術~久保田利伸 LA・LA・LA LOVE SONG~

【ミュート唱法】グルーブを生み出す 見えないリズムを捉える技術~久保田利伸 LA・LA・LA LOVE SONG~

【ミュート唱法】グルーブを生み出す 見えないリズムを捉える技術

日本人が悩む洋楽的リズム感

洋楽的なリズム感をグルーブという言葉を使って表現することがあります。
なんとも捉えづらいこの言葉には明確な定義はありません。

リズムの正体については私もまだまだ勉強しなければいけないことも残っており、偉そうに断言できるような立場ではありません。

リズムの世界は体感出来なければ共感出来ないですし、体感するためには耳を育てる必要があります。

また、そのためには身体性が大きく関わってくる可能性が高いので、認識を共有する難易度は労力手間ともにmaxでございます。

そして、日本人のリズムは劣っている。特に黒人のスーパーリズム感と比べるとダサい。的な神話もございますね。

果たして、リズムに優劣ってあるの?って話だったり、黒人にもリズム感のない意味不明なダサい動きをする人もいんじゃんって話だったり、もう際限なく話が広がっていきます。

リズムについては諦めよう!

と、なってしまいそうですね。笑

でも、それじゃぁ歌唱力が向上しない!

と言うわけで、本日はリズムという広い世界の中のほんの一部を切り取って観察する事で、リズムについて興味を持つきっかけになればと思っています。

英語の子音に着目

日本語と英語という言語の性質について比較しながら考えてみましょう。

母音的な日本語

母音と子音がほぼ1対1の関係で1音が構成されます。子音単独での発音は殆ど使われず、ほぼ全ての発音に母音が存在します。故にフレーズのバックで母音を繋げることは容易で、滑らかな表現が可能です。

子音的な英語

子音が2つ以上連続することはザラです。また、日本語にない特徴として、子音で終わる単語が多数存在します。
r/w/yなどの子音的に使いやすい半母音と言われるモノも沢山ありますし、その音価や帯域のバリエーションは日本語よりも圧倒的に広いです。

故に、16分音符などの細かいニュアンスも出しやすいと考えられます。
またビートを構成する様々な音に対して、柔軟にリズムを構成することができます。

*子音的なと書きましたが、母音も日本語より多いです笑笑。

つまり英語はビートと戦いやすい言語と言えるでしょう。

そんな日本語と英語の違いによるリズムの壁について、ひとつ答えをだしたメジャーアーティストがいます。
グルーブのパイオニアといえば、久保田利伸様を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
今回は久保田流グルーブの出し方をミュート唱法と名づけて観察していきましょう。

ミュート唱法とは

ミュート唱法は音を消す(止める)歌い方です。
日本語では促音の「っ」がこれに当たる発音と言えます。
あとに続く子音を先んじて発音する技術です。

例)

ng+か

n+た

m+ま

促音についてはこちらの記事で詳しく説明しているので参照してください。

「っ」の表現方法は○○パターン!案外奥深い即音の世界~絢香 beautiful

促音(ミュート)を多用することで、子音の出番の少ない日本語では出しづらい、英語的な細かいリズムアプローチをすることが可能です。

また語尾にミュートを置く場合も同様です。

n/m/l/ngあたりを好みで使用する事で、英語独特の子音で終わるリズムを日本語でも表現することができます。

久保田利伸 LA・LA・LA LOVE SONG

YouTube

apple music

LA・LA・LA LOVE SONG(with NAOMI CAMPBELL)
カテゴリ: R&B/ソウル

ミュート唱法分析

mまわれまわれmメリーゴーランド
もう決snnとまらないように
うごきだしnmメロディー
la(l) la(l) la(l) la la love song

nどしゃmぶりの午後をmまっn
mまちにとびだそう
ngngころに降るあmn
ngかさをくれたきmn

mまっぴらとよこmむいて
ほんねはうlらはl
でもそのまmまでいい
おnたがいさmまだかlら

mめぐりあえたきせきが
nなみだのいろをかえた

久保田様のリズムアプローチの一端を垣間見ることは出来たでしょうか?

これだけ特殊なことを徹底して日本語に取り入れているのは本当に驚くべきことです。

ぜひ鼻くそほじりながらでも真似できるくらい、繰り返しトレースしてみてください。

参考動画 LIVE版

こちらのライブ版だと、イントロ部分がゆっくりなので、さらに極端なミュート唱法をつかってきています。

とってもわかりやすいと思うのでご参照ください。

ミュート唱法について補足

久保田さん以外にも洋楽的、英語的なニュアンスを取り入れたシンガーは何人もいます。もっと前の世代で言うと、玉置浩二、桑田佳祐、山下達郎あたりの偉人達も同様にミュート唱法を用いて洋楽的なリズム感を表現しています。

最近のシンガーだと清水翔太、AI、TAKA(ワンオク)あたりもミュート音を多用しての歌唱を行います。

また、演歌でもミュートを多用した歌いまわしが用いられることが多々ありますが、こちらはリズム(ビート)へのアプローチという側面は弱いと判断しておりますので今回の考察の対象外としたいと思います。

まとめ

グルーブについて読み解くのって凄く難しいのです。
この記事は何度も書いては消し、書いては消しで中々アップすることができませんでした。
グルーブについて私が知る限りの情報でも、誤解のないように記述すると本一冊でも足りないくらいの分量がございます。

というか音声や参考音源を併用しないと無理笑。

 

今回は便宜上、英語的なという単語を使って一纏めにしていますが、英語、洋楽にも様々なリズムが存在しています。

文化的な背景だったり、英語にも地域や国によって様々な発音方法があるので当然ですね。
または、それがダンスミュージックなのか。ビートを支配している楽器がなんなのか。

また、リズムについて、それを説明する場合にも様々な用語や概念がありまして、特にPOPs界隈ではそれらがぐっちゃぐちゃになっています。
例)拍子、テンポ、タイム感、グルーブ、タメ、キレ、シンコペーションetc.

と言うわけで、まずは言語的な側面からのアプローチに留めてみましたがいかがでしたでしょうか。

グルーブ、リズムについては音声や映像も使いつつ長い目でまとめていければと思ってます。


最後まで読んでくれてありがとうございます。

記事を読んで何か感じたことがあればぜひコメントください。
分からないことやリクエストでも構いません。
みなさんの声をお待ちしています。

もしこの記事が役に立ったらぜひシェアもお願いします。

レッスンをご希望の方はこちら
http://utaukimochi.com/lesson/

コメントを残す

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly