歌うキモチ『しらスタ』

YouTubeチャンネル『しらスタ』の公式HP

メニュー

自宅でボイストレーニングができない人に贈る9つの解決方法【音量問題】【ボイトレは家族に秘密】

自宅でボイストレーニングができない人に贈る9つの解決方法【音量問題】【ボイトレは家族に秘密】

歌の練習を本格的にしたいけど、声を思いっきり出せる環境がない!家の壁が薄くて、少しでも歌うと隣人から壁ドンをくらう。家族にばれないように歌の練習をしたい。

そんなお悩みを抱えている方がすごく多いです。

日々の練習環境がままならぬようでは、ボイストレーニングもボーカルトレーニングも継続することは難しいです。今回の記事で提案する解決策の中に、あなたにぴったりのモノがあるとうれしいです!

外の設備を利用する

カラオケを利用する

一番シンプルな解決策です。ヒトカラもメジャーになってきましたし、一人でカラオケ店に入ることへの抵抗も少しずつ軽減されてきたでしょう。私も中学生〜高校生時代は週4くらいで近所のカラオケbanbanに入り浸っておりました。
カラオケ店によりますが、18時くらいまであれば1時間200円〜300円程度で使えるところもありますよ。

ただし、日中お仕事をされている人が利用できる時間帯には夜料金になってしまいますよね。1時間800円〜1000円程度でしょうか。頻繁に利用するのには少し気になる値段かもしれませんね。

音楽スタジオの個人練習を利用する

カラオケ店が安い日中の時間帯の利用が難しい方へのおすすめが音楽スタジオの個人練習制度を利用することです。
例えばこちらの新宿のスタジオは1時間540円(税込)で利用することができます。
http://studio-music-city.com/studio/

予約が前日の21時〜など、直前しか取れないことがネックですが、平日の夜であれば比較的空きも多いので、予約なしでも入れることが多いです。マイクを使うこともできますし、鏡張りのところがおおいので、姿勢などを確認しながらトレーニングをすることができます。
選択肢から抜けがちですが、結構利用しやすいです。

車で歌う

結構盲点なのですが、通勤中の車移動時間を有効活用する方。営業職で車移動中に発声練習をする方も多いです。安全運転でお願いしたいところですが、ルーティーンの発声練習くらいだったら問題ないでしょう。結構な大音量で歌えますし、練習時間も確保しやすいですね。

ボイトレ教室のスタジオレンタル制度をつかう

これも結構おすすめです!
ボイトレ教室・ボーカルスクールは会員になるとスタジオを無料でレンタルができるところも多いです。

例えば会費が月10,000円だったとします。カラオケ利用で1時間500円だとすると、20回いけば元が取れる計算になります。なんなら、レッスンが2回くらい受けられるはずなので、自主練の回数が多い人には超絶おすすめの手法です。

ただし、レッスンでスタジオが埋まっていたり、店舗によってはレンタルスタジオの利用に人が殺到し、思ったように利用できなかったりします。ここら辺は事前の調査が必要ですね。
平日昼間に通える人はガンガン利用するといいでしょう。

自宅の環境を変える

防音室を買う

アマゾンなどで防音ブースを買うことができます。
組立式-簡易防音室-だんぼっち

紹介しといてなんですが、基本的にはおすすめしません。防音効果がイマイチな上に夏はサウナ状態で何かしらの対策が必要です。空調対策や防音対策に追加経費もかかります。
あと、部屋にあるとかなり圧迫感がありますのでスペースに余裕がないと厳しいですね。

防音室をつくる

DIYが得意な方は自分で防音室を作っちゃうのも手です。購入するよりもはるかに防音効果の高いものを、安価に作成することができます。
下記のサイトのようにつくり方をまとめてあるサイトがいくらでもありますので、ぜひ一度ググってみてください。
防音室の作り方
金額も30,000円〜50,000円程度でかなり本格的なものが作れるようです。一見それなりのお値段がかかるように見えますが、外の施設を継続的に使うコストや、思った通りの時間に使えないなどのストレスを天秤にかけると一番よい解決方法な気もしております。
ちなみに、部屋ごと改装という手も考えられますが、100万コースですので、お財布に余裕がある方はご検討ください。

発声用のアイテムを購入する

ミュートマイクというものがあります。
うるさくないカラOK! ミュートマイク2 Plus カラオケマイク
口を覆うことで防音効果があります。

ストレスに感じないのであれば試してみるのはいいかもしれませんが、私は精神衛生上アウトです笑。
もし気にならないのであればコスパはとてもいいでしょう。
*これについても自作の方が安い気もしておりますが、、、

音量が必要のないトレーニングをおこなう

この選択肢を持っておこくとが結構重要です。

ボイストレーニング

発声練習は大きな音が出せないとダメと思っている方も多いのですが、意外とそうでもなかったりします。むしろ小さな音量で練習する方がトレーニング効果が高い発声練習もいくらでもありますよ。大きな声なら誤魔化せてしまうことも小さな声で行うとボロが出やすいですからね。
周りにバレないように小さな音量で歌うことがあなたの喉を成長させる可能性すらあるのです。師事しているボイストレーナーがいれば相談してみましょう。極小音量のメニューを組んでくれるはずなので、ぜひ一度聞いてみてください。

ボーカルトレーニング

歌唱力UPの練習も小さな声で行う。もしくは無音で出来ることがたくさんあります。このブログで行なっているような歌手分析を自分でやってみるのもいいかもしれないですね。歌手の特徴をとらえたり、YouTubeなどの映像資料をゆっくりとみるいい機会かもしれません。どんな口の使い方をしているか研究したり、表情で歌っているのかチェックしたり、歌唱力UPのために出来ることは無限にあります。


とはいえ、ある程度の音量で歌う機会がゼロでいいわけではないので、上で紹介したいずれかの解決策と併用することが必要になってきます。

まとめ

番外編

私がよく使っていたユニーク?な練習場所をいくつかご紹介します。

高速道路の上の橋
絶唱できます。実家から5分の位置にあるので、夜に大きな声を出したいときはそこまで行って歌っていました。唯一の問題点は空気が悪いこと笑。

授業前の教室
大学生は朝に弱い生物です。9時始業であれば、8時〜8時半くらいは無人ですので、毎日早く学校に行って発声練習をする時間を作っていました。

公園
近所の公園で歌ってました。芸人さんだってネタの練習するんだから、歌だって歌っていいでしょ!という強い気持ちで練習していました。散歩をしているおじいさんにいい声だね〜って褒められたりしましたよ笑

環境づくりをあきらめないで

場所がない!環境がない!と諦めてしまうのは勿体無いです。毎日じゃなくてもいいんです。上で紹介した方法を組み合わせながら週1回でも時間を作れると見違えるように歌が上達していくはずです。
むしろ音量が出せないからこそ繊細で個性的な歌い回しを手に入れることができるかもしれませんよ。

自宅でできるミニマム音量ボーカルトレーニングメニューは需要がありそうだったら別の記事でまとめようかと思いますがどうでしょうかねぇ。


最後まで読んでくれてありがとうございます。

記事を読んで何か感じたことがあればぜひコメントください。
分からないことやリクエストでも構いません。
みなさんの声をお待ちしています。

もしこの記事が役に立ったらぜひシェアもお願いします。

レッスンをご希望の方はこちら
http://utaukimochi.com/lesson/

コメントを残す

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly