歌うキモチ『しらスタ』

YouTubeチャンネル『しらスタ』の公式HP

メニュー

Aimerの歌唱力 4つ魅力に迫る。個性の作り方、出し方を解説【ハスキーボイス】【巻き舌】【音程感】【ビブラート】

Aimerの歌唱力 4つ魅力に迫る。個性の作り方、出し方を解説【ハスキーボイス】【巻き舌】【音程感】【ビブラート】

Aimer(エメ)の歌唱力について総合的に分析しました。

蝶々結び、茜さす、カタオモイなど数々のヒット曲をもつAimerですが、2019年1月にリリースしたI beg youで初のオリコン1位に輝き注目を集めています。

彼女の魅力を4つの観点から分析していきましょう。
歌手の良さを自分のものにしたいのであれば、個性の中身を言語化が必須です。

歌い手の皆さんは是非聞き比べながら、納得しながら記事を読み進めてください。
個性の作り方のヒントをAimerからゲットしましょうね。

ハスキーな声質

とても特徴的な声質ですね。
インタビューなどで、15歳の時に喉を痛めて半年間にも及ぶ沈黙療法を行ったと明かしています。

Aimer 公式ホームページでも、喉を痛めたことがキッカケで今の歌声にたどり着いたと記述があります。
病名などは明らかになっていませんが、半年という期間から声帯ポリープという声帯の表面にタコが出来る病気の可能性が高いです。ノイズ成分の入る声をコンプレックスに思う歌い手も沢山いますが、Aimerの場合は完全に魅力の一つになっていますね。

Aimer 蝶々結び

発声自体も意図的に作り込んでいる可能性も高いですが、常に息が漏れるノイズ音が聞こえます。
ハスキーな歌声でいうと桑田佳祐さんなどもそうですね。
お酒を連日飲み、話すような夜職の方は後天的にハスキーになることもありますし、声帯によっては生まれつきのハスキーボイスもいます。
発声的には負荷がかかるからNGとされていたり、初心者が意図的に行うと音程がとりずらかったりしますので、かなり発声訓練が必要になる難易度の高い歌い方です。

独特な音程の取り方

楽譜通りストレートに音程を当てに行くことの方が少ないです。下からすくったり、上からドロップしたり、彼女のメロディーラインはとても忙しいです。その不安定さが、彼女の魅力の一つになっています。ピッチが悪い歌い方と紙一重なので、適当にコピーすると痛い目を見ます笑。Aimerの場合は着地の音程がしっかりとしていたり、きちんと正しい音を経過音に含んでいます。最上級の音感があるからできる彼女独特の歌唱法です。

Aimer 茜さす

Spotify再生箇所

あいしたまぼろしにくづけを
たそがたこの
ゆうのほしとらない
もおぼげつきはどこに

音程が特徴的に変化しているところをチェック入れてみました。1ブロックでこれだけの音程移動があるのです。少し不安、切なさ、やるせなさといったブルーな印象を与える重要な要素となっています。

 

もっと極端に音程を移動するシンガーでいうと椎名林檎が挙げられます。彼女のほうが音程移動が極端なのでわかりやすいかもしれないですね。
Aimerの曲で音程移動を完璧に聞き取りたい場合は、YouTubeやハヤえもんの再生速度変更を使いましょう。それでもかなり苦戦するかもしれません。しかし、ハードルが高いからこそ自分のものにできれば個性になるのです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

巻き舌

らりるれろを発音する際に巻き舌のような発音をします。
日本語的なラ行よりもわずかに強く上顎を弾いています。アンニュイな雰囲気の1要素ですね。

ラ行に注意して聞いてみてください。

きみがぼくをわすてしまっても
ちょっとついけど
でもいいか

舌っ足らずで幼い印象を受けますね。

こちらの歌唱特徴についても、椎名林檎が極端に至るところで極端にやっていますね。
林檎姉さんはかなりわかりやすくやるので、幼い印象というよりは、ヤンキー感でます。

細かめのビブラート

新曲で解説していきましょう。Aimerのような細かなビブラートの特徴として、フレーズの間の音価の短い歌詞にも入りやすいということが挙げられます。これも、不安定で危なっかしい印象を与えるのに役立っています。

結構細かいビブラートの出し入れをおこなっているのでよく聞いてみてください。

Aimer I beg you

YouTube

Itunes Store

I beg you
カテゴリ: J-Pop

あわれみをくださ
おちたことりにそっと触れるよう
かなしみをくださ
なみだぐんで 見おろして
かわいそだとくちにだぁして
くつのさきでころがしてもかぁまわないわ
ごれててもいいから
どろだらけのを取っ

ねぇわって踊りましょう
めざわり うぞぉぞぉは全て
食べてまいましょ
スパイス耐えがたいくらいがいい


宇多田ヒカルもかなり細かいビブラートの持ち主ですね。Aimer同様、歌の至るところでビブラートがかかります。大きなビブラートだと歌詞が崩れてしまいますが、細かいビブラートだと共存が可能ですね。

まとめ

個性の作り方

【ハスキーボイス】×【音程感】×【巻き舌】×【ビブラート】=Aimerの個性です。ハスキーボイスの歌手もたくさんいますね。音程感や巻き舌も林檎姉さんとかぶっています。ビブラートも宇多田様と似ています。
でも、4つ特徴が重なると唯一無二のシンガーが誕生するのです。決して誰かの真似だとは思わないですよね。これが、個性の作り方です。

個性がない状態というのは武器が少ない状態です、
ハスキーなだけじゃだめだし、ビブラートが特徴的なだけでもダメなんです。自分の個性の卵を積んでいけると、掛け算で個性的な歌手になれるのです。

個性を分析すると歌が上手くなる

Aimerもサラッと聞き流してしまう人は個性的という曖昧な言葉で片付けてしまいがちです。それでは、Aimerの魅力を知ることができないですし、認識できない魅力は自分のものにはできません。

個性的で魅力の言語化が難しそうな歌手ほどしっかりと聞き込んで、歌唱力の因数分解に挑戦しましょう。


最後まで読んでくれてありがとうございます。

記事を読んで何か感じたことがあればぜひコメントください。
分からないことやリクエストでも構いません。
みなさんの声をお待ちしています。

もしこの記事が役に立ったらぜひシェアもお願いします。

レッスンをご希望の方はこちら
http://utaukimochi.com/lesson/

コメントを残す

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly