歌うキモチ『しらスタ』

YouTubeチャンネル『しらスタ』の公式HP

メニュー

【歌い方】Uptown Funk ft. Bruno Mars / Mark Ronson (難易度S)【歌が上手くなる歌唱分析シリーズ】

【歌い方】Uptown Funk ft. Bruno Mars / Mark Ronson (難易度S)【歌が上手くなる歌唱分析シリーズ】

『カラオケのレパートリーが欲しい!』
『歌の練習をするときのポイントがわからない』

 

そんなお悩みにお応えしていきます!!

歌が上手くなる歌唱分析シリーズ!!
課題曲 Uptown Funk ft.Bruno Mars / Mark Ronson

歌うときにどんなポイントに気をつければいいのかが一目瞭然です。
曲ごとの難易度も大公開!

自分にぴったりの曲も見つかりますよー。

Uptown Funk ft.Bruno Mars Mark Ronson

YouTube版

音源リンク


Uptown Funk (feat. Bruno Mars)
カテゴリ: ポップ

難易度分析

難易度 Sランク
最高音 D
女性推奨キー+0

ビルボードチャート14週連続1位!バカ売れしたこのナンバーは日本の方でも聞き馴染みがあるのではないのでしょうか。
もともとキーも高いので、女性も原曲調のままいけますよ!

S難易度の理由はなんといってもリズム!曲の魅力の9割はリズムといっても過言ではないので、避けては取れませんよ。
グルーブマスター目指して頑張りましょう。

歌い方講座

[Verse 1: Bruno Mars] This hit, that ice cold
Michelle Pfeiffer, that white gold
This one, for them hood girls
Them good girls, straight masterpieces
Stylin’, wilin’
Livin’ it up in the city
Got Chucks on with Saint Laurent
Gotta kiss myself I’m so pretty

[Pre-Chorus: Bruno Mars] I’m too hot (hot damn)
Call the police and the fireman
I’m too hot (hot damn)
Make a dragon wanna retire man
I’m too hot (hot damn)
Say my name you know who I am
I’m too hot (hot damn)
And my band ‘bout that money
Break it down

[Chorus: Bruno Mars] Girls hit your hallelujah (Woo!)
Girls hit your hallelujah (Woo!)
Girls hit your hallelujah (Woo!)

Cause Uptown funk gon’ give it to you
Cause Uptown funk gon’ give it to you
Cause Uptown funk gon’ give it to you
Saturday night and we in the spot

Don’t believe me, just watch

オレンジ→マイケルジャクソン風
ピンク→ホイットニー風
無色→中間

マイケルジャクソン風16ビート

細かくとるリズム

言葉一つ一つにある程度アクセントを置いています。子音は強調され、母音も押しなおすか、アタックをつけてパーカッシブに扱われます。音数が足りない箇所は、ミュートやゴーストノートを入れて細かく刻めるように調整が行われています。
ハット(シンバル系)の音をよく聞いて、言葉を当てはめてみましょう。

早口フレーズの練習法

まずはテンポを落としてみましょう。いきなり原曲のスピードできなくても当然なので、自分のペースで上達していきましょう。ある程度口が回るようになった方向けの裏技があります。
動画でも説明していますが、アクセントをしっかりと意識すると、力を抜いて発音することができます。

例)1
Make a dragon wanna retire man

例)2
Saturday night and we in the spot

マイケルジャクソン風16ビート

細かくとるリズム

言葉一つ一つにある程度アクセントを置いています。子音は強調され、母音も押しなおすか、アタックをつけてパーカッシブに扱われます。音数が足りない箇所は、ミュートやゴーストノートを入れて細かく刻めるように調整が行われています。
ハット(シンバル系)の音をよく聞いて、言葉を当てはめてみましょう。

早口フレーズの練習法

まずはテンポを落としてみましょう。いきなり原曲のスピードできなくても当然なので、自分のペースで上達していきましょう。ある程度口が回るようになった方向けの裏技があります。
動画でも説明していますが、アクセントをしっかりと意識すると、力を抜いて発音することができます。

例)1
Make a dragon wanna retire man

例)2
Saturday night and we in the spot

ホイットニーヒューストン風2・4ビート

スネアドラムにのせる

細かい16ビートよりも、2拍目・4拍目のスネアドラムを意識した、比較的ルーズな取り方をします。その分大きく口を使う必要があります。母音の変化で音数の少なさをカバーする必要があります。シンコペーションや二重母音とも相性がいいので、より躍動感のあるフレージングになるのが特徴です。

二重母音のコツ

しっかりと2つの母音を歌い分けましょう。油断すると着地の母音が曖昧になりがちなので要注意です。また、1音目の母音を長めに耐えると、より自然に二重母音を発音しやすいですよ。母音が均等だと連母音化しやすいです。

連母音と二重母音の参考記事はこちら

そのほかのアドバイス

コミカルな母音

masterpieces
fireman
retire

ブルーノが特徴的な発音をしているのにお気付きの方もいると思います。これは、通常よりも口を横に開き、声を潰して(喉頭位置高め)発音しています。母音のエッジを効かせる手段であり、アクセントとしても使えるのでぜひ真似してみてくださいね。

まとめ

マイケル風、ホイットニー風と分けて説明しましたが、リズムの違いを実感できたでしょうか。
ライブ版だとまたリズムの割り振りが違ったり、もっと極端だったり、曖昧だったりするので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。


最後まで読んでくれてありがとうございます。

記事を読んで何か感じたことがあればぜひコメントください。
分からないことやリクエストでも構いません。
みなさんの声をお待ちしています。

もしこの記事が役に立ったらぜひシェアもお願いします。

レッスンをご希望の方はこちら
http://utaukimochi.com/lesson/

友だち追加

コメントを残す

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly